ティボール・カルマン

ティボール・カルマン

ハンガリー、ブダペスト生まれ。1956年にアメリカに移住し、ニューヨークの有名書店バーンズ&ノーブルで働いた後、デザイン会社M&Coを設立。妻のマイラとの共同制作を通じて、前衛的コンセプトによる作品を発表する伝説的な会社に成長しました。独自のウィットに富んだ時計や、ペーパーウェイトなど、現代の社会問題を取り上げる製品を発表。人気のスカイアンブレラなど、ティボール・カルマンならではの物語性のあるユーモアはMoMAのコレクションとして、今も生き続けています。

全部を見る